2014年4月21日 (月)

不眠症の解消方法!

私は首から肩のこりがひどく、マッサージにもたまに行っているのですが、そこのマッサージ師さんに「寝つき悪くないですか」と聞かれました。 首や肩にこりや張りがある人は、寝つきが悪い傾向があるそうなのです。なので最近は水泳などの運動をしてこりをほぐすことから始めています。 プールに行く時間がないときはベッドの上で行うエアー水泳しています。 水泳は肩こりにとても効くというのをどこかで見たからです。 ほかには寝る時に眠れやすそうな音を流したりしています。 「海のさざなみ」とかだとかえって眠れなかったりするので、電車の音、猫のゴロゴロの音など、自分が眠れやすそうなのを選んで流しています。 眠れないときは睡眠薬を服用していますが、1錠まるごと飲まず、半分か4分の1くらいに割って飲んでいます。 最終的には睡眠薬なしで眠れるようになることが目標です。 睡眠薬の副作用については、医師にたずねたところ、脳とかに影響とかは心配しなくていいそうです。 その医師の先輩も何年も使用している人もいるそうです。 ただやっぱり薬に頼りたくないし、診察料と薬代がかかってしまうので睡眠薬はいずれはやめたいと思っています。 そのために今は寝る時間をバラバラにせず、寝る時間帯を決めて、なるべくその時間に眠るようにしています。 そしてはやく薬なしで眠れるようになれたらいいなと思っています(^^) エチラーム個人輸入

眠る前にはホットミルクと蜂蜜で

身体が冷えているわけでもないのに妙に寝付けない、眠りが浅いと感じるときは就寝前に安眠効果のあるホットミルクに蜂蜜を入れて飲んでから軽いストレッチをしています。 ホットミルクを飲むと本当ほうっとすると言うか体から力が抜けていくのと、蜂蜜の甘みでリラックス効果も倍増します。 ストレッチで体のコリをほぐすことで眠りに入りやすい体にした後は、枕元でラベンダーの香りのアロマをたきます。 ラベンダーの香りはリラックス効果があるので安眠へ誘導してくれるので疲れた日々が続いて精神的に余裕がないときなどによく使います。 それでもダメなときはあるのでそのときはシーツや枕カバーを取り替えたり日中に布団を干して寝具を快適にし、ホットミルクに蜂蜜を入れて飲んだりストレッチをしたりと深い眠りに入りやすくなるように努力しています。 枕などがじめじめとしているとやはり気持ち悪いですしね。寝起きの疲れの取れ方も違ってきます。 運動不足から睡眠が浅くなったりするので運動をしていない日が続いている場合は、軽くでも運動をすることで不眠が改善されることも。 睡眠自体に陥れない場合は気が付かない内に気を張っていることがあるので、リラックスできる環境を作ることが大切だと思います。


2013年7月11日 (木)

なかなか寝付けない

みなさん、こんにちは。 暑いですね、 昨日は最悪、全然、眠れませんでした。 こんな暑い日はどうします。 でも、頑張ってクーラーは入れないようにしていますが、 やっぱり入れたほうがいいのでしょうか クーラーは冷えすぎて体に悪いような感じがしていますが。 できるだけ、扇風機だけで頑張りたいのですが。。。


無料ブログはココログ